痔の知識、最新の治療や手術等の情報サイト“痔-web”

痔-web

監修:岩垂純一診療所

良い病院、良い先生の選び方

こう門科を探す

肛門の診療を受けるのに良い先生を探すには、どうしたら良いでしょうか。第一に手がかりとなるのは、こう門科と看板がある先生を探すことです。

それでは、こう門科と看板がある先生であれば良いと考えがちですが、ところが実際はそうでもないのです。
というのは、厚生労働省の統計によると肛門診療をしている先生は、全国の病院で1687名、診療所では2814名で、4501名となってます。

大変多いように感じますが、この肛門診療に関わる先生の内、肛門診療を主に診療している先生は、2014年で、病院で164名、診療所で268名、計、432名しか存在していないのです。つまり肛門診療に関わる医師のうち、病院の先生の10%、診療所の先生の10%が、肛門診療をメインとする医師ですが、残りの90%は、補助的に肛門診療を行っているにすぎない、専門でもないが肛門診療もする先生ということになります。

当然ながら、肛門診療をメインとする先生と、そうでない先生の間には自ずと治療内容、および、その結果、成績に格差が生じてくると考えられます。

日本大腸肛門病学会に
属している先生を探す

それでは肛門診療を主に行っている先生を見つけるにはどうしたらよいのでしょうか。

肛門診療に関わる先生の学会としては、日本大腸肛門病学会があります。
その学会の専門医であれば良いと考えがちですが、現状は、そうでもありません。

日本大腸肛門病学会において2017年1月の専門医数は、全体で1782名ですが、肛門科領域は357名、20%にすぎません。後の80%は、大腸の外科、大腸の内科の専門医の先生です。
専門医だけでなく会員での割合も同様です。

学界全体の会員数は2017年の2月に時点で7117名ですが、その内、肛門科の先生は845名、12%しかいません。後の実に、88%は大腸の外科、内科の先生ということになっています。

以上から、日本大腸肛門病学会の会員の先生だから、専門医の先生だから肛門の専門の先生と考えて良いということにならないことは、お分かりいただけたかと思います。

日本臨床肛門病学会に
属する先生を探す

肛門を専門に診療する医師が集まって、2016年4月に新たに日本臨床肛門病学会が設立されました。
学会が新たに設立されたのは、肛門診療の危機的状況からです。

つまり2006年の医療法などの改正に伴い、2008年4月1日以降、広告することが認められない診療科名として、「こう門科」が挙げられました。

当然、日本大腸肛門病学会としては「肛門科廃止に反対の声明文」、「肛門科標榜の削除に関する緊急要望書」提出などの働きかけもしましたが、効果は得られず、単独で診療科名として広告可能である内科や外科と組み合わせることで、「肛門外科」、「大腸・肛門外科」として、かろうじて残りました。

以上の肛門科にとって厳しい状況下において、更に2018年から新しい専門医制度、つまり基本領域の専門医を取得した上でのサブスペシャリティ領域の専門医を取得する二段階制を基本とした専門医制度が始ろうとしています。

現在、肛門診療を行う医師の専門医、つまり日本大腸肛門病学会の「大腸肛門病専門医」は内科、外科、そして肛門領域の混合する専門医であるため、基本領域に属せないだけでなく、サブスペシャリティ領域にも属せません。
つまり肛門科の専門医は消失してしまうこととなり、したがって肛門科は専門性のある診療科として認めてもらえなくなります。

このような肛門の専門医が無くなり肛門を専門とする診療科、つまり肛門科が消滅するかもしれないという状況に、肛門を専門に診療する医師の集団が危機感を持って設立した学会が日本臨床肛門病学会ということになります。

信頼できる専門医を探す手段としては、とりあえずは、日本臨床肛門病学会に属している先生を探すというのが、現実では確かと言えます。

監修者のご紹介

岩垂純一

医学博士 岩垂 純一

社会保険中央病院時代には年間2,000例以上の肛門手術を執刀、外来診察は1日150〜200名を数える。退職後は理想的な肛門の診察と治療の実現を目指し、自身の診療所を銀座に開設。

岩垂純一診療所 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル7F
詳細なプロフィールはこちら:http://www.iwadare.jp/info/prof.html

ページのトップへ